鳴門スピリッツを感じる西エリアを巡る一日

ドイツ村公園エリア 散策&お買い物

第一次世界大戦で捕虜となったドイツ兵と地元の人々との交流から生まれた交友の歴史が楽しく学べる「鳴門市ドイツ館」や幼少期を鳴門で過ごし、大正デモクラシーの先頭に立ち、世界平和を願い、理想社会の建設を目指して活動した賀川豊彦氏の生涯を後世に伝える「鳴門市賀川豊彦記念館」などを見学。

隣接の道の駅「第九の里」では、地元の新鮮な野菜や果物、加工品が手頃な価格で購入できる。少し足を延ばせば、ベートーベン「第九」初演の地でもある収容所跡地を利用した「ドイツ村公園」や、映画「バルトの楽園」のロケセットを移築した「阿波大正浪漫 バルトの庭」もあり、当時にタイムスリップして楽しめる。
ドイツ館にはレンタルサイクルもあるので散策に利用しよう!

鳴門市ドイツ館
TEL:088-689-0099 大人400円 小中学生100円 営業時間 9:30~16:30
鳴門市賀川豊彦記念館
TEL:088-689-5050 大人200円 小中学生100円 営業時間 9:30~16:30
道の駅「第九の里」物産館
TEL:088-689-1119 営業時間 9:00~17:00
※上記3施設共通データ
住所 鳴門市大麻町桧字東山田55-2  定休日 第4月曜日(祝日の場合は翌日休み)

ドイツ村公園
住所 鳴門市大麻町桧字東山田 
阿波大正浪漫 バルトの庭
住所 鳴門市大麻町桧字野神ノ北22-1 TEL:088-689-2163 
大人400円 小中学生200円 営業時間 9:00~16:30 定休日 無休

矢印

四国八十八ヶ所 巡礼 入門体験で気分はお遍路さん

天平年間に行基が開いたとされる一番札所「霊山寺」から始まる四国巡礼。
お寺の見どころを案内してもらいつつ、正しい参拝の仕方から納経までのお作法が学べます。
最低必要なお遍路グッズがセットになっているのも安心。

門前一番街
住所 鳴門市大麻町板東(霊山寺門前)
TEL:088-689-1008 定休日 水曜日 


矢印

地元農家のれんこんを使ったれんこん料理に舌鼓

鳴門で生産された歯触りのよい美味しいれんこん料理と鳴ちゅるうどんが一緒に食べられるお店。

れんこんのきんぴらがご飯の上にびっしり盛られた、「れんこんきんぴら丼(500円)」

鳴ちゅるうどんとれんこんの天ぷらがセットになった「鳴門れんこんの天ぷらうどん(500円)」も人気。

大鳥居苑
住所 鳴門市大麻町板東字西山田33-4
TEL:088-689-3523

※「鳴ちゅるうどん」は、霊山寺すぐ前の「門前一番街」(無休)でも食べられます。
TEL:088-689-4388

矢印

もぎたての味に感激!いちご&梨の直売所

充分に木で熟した甘みたっぷりの梨を自分でもぎ取り、その場で食べる楽しさ・美味しさは格別。
もぎたての爽やかな香りとみずみずしさを思う存分味わって!

フルーツガーデン山形
住所 徳島県鳴門市大津町大代645-1
TEL:088-685-4721
季節 1月下旬~9月末日
夏  8:00~18:00
冬  9:00~17:00 (冬季は売り切れ次第終了します)

矢印

鳴門が誇る銘酒「鳴門鯛」酒蔵見学と利き酒

1804年(文化元年)創業の酒蔵。
原料にこだわり、丹念に造られている銘酒「鳴門鯛」は優しい味わいの中に、流れに揺らがない信がある味。築200年の蔵や有形文化財指定の蔵めぐりと利き酒が楽しめます。

本家 松浦酒造場
住所 鳴門市大麻町池谷字柳の本19番地
TEL:088-689-1110


矢印

昔ながらの手作りの味 醤油蔵見学と味くらべ

ひとくちに醤油と言っても様々な種類があります。お店ではそれぞれの醤油をテイスティングできるので、この機会にお好みのマイ醤油を探してみませんか?

福寿醤油
住所 鳴門市大麻町池谷字大石8
TEL:088-689-1008


矢印

大谷焼の里エリア 散策&作陶体験

歴史が香る登り窯巡りがおすすめ
水甕、睡蓮鉢など大物陶器が特徴の大谷焼。
大谷焼の里にはこれらを焼き上げるのに使われていた日本最大級の大きさを誇る登り窯が、4箇所も当時のままの姿で残っています。
窯の中に水琴窟をあしらった森窯(森陶器)、山沿いに8段もの窯が並ぶ日本有数の大きさを誇る大西窯(大西陶器)、現存する登り窯では最古とされる元山窯(田村陶芸展示館)、大谷では唯一現在も使われている矢野窯(矢野陶苑)など、それぞれ特徴ある登り窯を見て回ることができる。

運が良ければ、大物陶器をつくる職人技を見学できることも!


大谷焼作陶に挑戦!
大西陶器 陶業会館(梅里窯) 森陶器
田村陶芸展示館(元山窯) 住実窯 矢野陶苑

GOAL

ページトップへ